転職するなら社会的ニーズの高い職種を選ぼう

稼ぐ人はどの会社も同じ

模型

営業走行を増やす努力

タクシードライバーは給料が安いというイメージがあります。中には個人タクシーで独立して稼ぐことのできているタクシードライバーもいますが、一般的にはあまり稼げないイメージが強くなっています。求人広告には常にドライバーの募集広告が掲載されていることを見るとタクシードライバーの給料は安いと判断しがちです。しかし現実にはタクシー会社に勤務しながら稼いでいるドライバーもいます。その秘訣は営業活動が人より上手いことなのです。タクシードライバーの営業は営業走行をしている時間と距離です。これが人より多いことが稼げる要件となります。勤務体制は他の会社より大変な一面もあります。24時間のシフト制になりますので年齢を重ねると勤務が厳しくなります。

工夫を行うことが大事

もちろん深夜の手当てなども付きますが、それ以上にタクシーの営業走行を増やす努力が必要なのです。一つは道を知っていることです。タクシードライバーはその地域の運転のプロです。運転のプロにはトラックドライバーなどもいますが、それとは意図が異なります。細かい道までも道を知り尽くしていることが求められるのです。顧客のニーズと満足度を向上させるスキルや知識を持っているかです。また、どれだけ多くの顧客を乗せることができるかです。タクシー待ちの列に加わる事や道を流すことも悪いことではありません。それでも数あるタクシーと異なる営業活動を行わなければ、顧客を多く乗せることはできません。その努力の結果がタクシードライバーの給料となるのです。